SIEUR D’ARQUES シュール ダルク

地域
ラングドック LANGUE D’OC
所在地
Aude (オード県) Limoux (リムー市)

概要

シュールダルクは、南仏ラングドック地方リムーに本拠地を構える1946年設立の協同組合形式のワイナリー。組合員は204のブドウ農家。地中海とピレネーにはさまれた粘土石灰質の日当たりの良い200~500メートルの高地の、約1,800ヘクタールの広大な畑から、高品質なワインを産出する南仏を代表する大きなワイナリーとして知られています。生産量は年間約一千万本、そのうち3分の2はリムーの名産であるスパークリングワインとなっています。またICV(Institut Cooperatif du Vin)認証を受け、環境保全農法を実践し自然との共存を図っています。

恵まれた環境

リムーの気候は地中海気候の暑く乾燥した東側、大西洋の影響を受ける温暖な西側、その両方の特徴を持つ中央部、そしてピレネーに近い冷涼な高地の南側と4つの独自の微気候と土壌にわけられます。シュール・ダルクはそのテロワールを生かすため、土壌、日照量、標高を分類し、そこに適したブドウ樹を栽培しています。終了制限を施し良質な葡萄に育て、手摘みで収穫を行うなど丁寧な葡萄作りです。醸造面では、白ワイン醸造の革命家として名高いボルドー第二大学の醸造学教授のドニ・デブルデュー氏の協力を得て、90年代にはAOCのスティルワイン、2003年以降はスパークリングワインの品質向上に積極的に取り組んでいます。

取り扱いワイン

ROSE DES VENTS ロゼ デ ヴァン 

ロゼ デ ヴァン
原産地呼称 IGP:PAYS D’OC
品種 サンソー50%、グルナッシュ50%
タイプ ロゼ 平均樹齢
収穫年 2020 栽培面積
ALC 12.5% 収量
生産本数 6600本 取得認証
土壌 粘土石灰質
栽培 栽培方法はリュット・レゾネ(減農薬農法)
醸造 破砕・除梗後、ステンレスタンクで醸造。直接圧搾法。 16-18度をキープし5日間で発酵。マロラクティック発酵は行わない。
熟成 清澄・濾過して瓶詰
味わい 輝きのあるサーモンピンク。 サワーキャンディー、ワイルドストロベリー、ラズベリーの香り。 フレッシュな赤い果実と柑橘類のフィニッシュ。上品でバランスの取れた辛口のロゼ 。
料理 食前酒として、またはグリルした肉やマリネした肉など。アジア料理やエスニックなどにも合う。サービス温度8~10度
メモ




TERROIR DE VIGNE ET DE TRUFFE RÉSERVE ROUGE
テロワール ドゥ ヴィーニュ エ ドゥ トリュフ レゼルヴルージュ

テロワール ドゥ ヴィーニュ エ ドゥ トリュフ レゼルヴルージュ
原産地呼称 AOC:LIMOUX
品種 メルロー50%、カベルネソーヴィニヨン15%、シラー15%、グルナッシュ10%、マルベック5%、カベルネフラン5%
タイプ 平均樹齢
収穫年 2016 栽培面積
ALC 14% 収量
生産本数 7,000本 取得認証
土壌 粘土石灰質
栽培 栽培方法はリュット・レゾネ(減農薬農法)手摘みで収穫
醸造 ステンレスタンク使用。マセラシオン21日、ルモンタージュ(日に二回4日間)、オキシジェナシオン施す。 25~28度で7日間発酵、マロラクティック発酵あり。
熟成 ステンレス槽あるいはオーク樽で12ヶ月熟成。ろ過して瓶詰
味わい 輝き艶があり、深み黒みがかったガーネット色/黒いチェリー、ブラックベリーなどの熟した黒色の果物のジャム、黒コショー、カカオの香り/フレッシュな酸味と滑らかなタンニン。エレガントな味わい。
料理 焼肉、牛肉のステーキなど肉料理全般
メモ