DOMAINE TOLLOT-BEAUT
ドメーヌ トロ・ボー

当主
Famille Tollot(Mme Nathalie Tollot)
トロ・ファミリー(ナタリー・トロ女史)
地域
ブルゴーニュ
コート・ドゥ・ボーヌ
所在地
ショレィ・レ・ボーヌ村

概要

コート・ドゥ・ボーヌのショレイ・レ・ボーヌ村に本拠地を置く、幅広い層から愛されている5代続く家族経営のドメーヌです。コルトンの丘やボーヌにも少しづつ畑を買い増し、現在約24haの葡萄畑を所有、赤ワイン14銘柄、白2銘柄のワインを造っています。このうちグランクリュは3銘柄1.5ha、プルミエクリュは7haで、その他の畑は村名あるいはACブルゴーニュクラスの畑ですが、このクラスのピュアでフレッシュ、果実味豊なバランスのとれたワインの味わいこそドメーヌ トロ・ボーの真骨頂とも言えます。

歴史

1880年に、初代のフランソワ・トロ氏がショレィ・レ・ボーヌ村に葡萄の樹を植えたのが一家のワイン造りの始まりですが、その後息子のアレクサンドルがオーリエ・ボー女史と結婚、1920年に初めてワインを瓶詰めして出荷し、両家の名前を冠したドメーヌ・トロ・ボーが誕生しました。現在は、5代目の現当主ナタリー女史が、いとこのジャン・ポールとオリヴィエの三人で協力し合い、このドメーヌを運営しています。

その他情報

当ドメーヌのワインボトルは、昔ながらの当地の伝統的な形状の、首の部分が細く長いシルエット、ぼってり重量感もあり、非常に特徴的です。長期熟成に適しており、ラベルも貼りやすいものです。

取り扱いワイン

CORTON GRAND CRU
コルトン グラン クリュ

コルトン グラン クリュ
原産地呼称 AOC:CORTON GRAND CRU
品種 ピノノワール100%
タイプ 植樹年 1953/1956
収穫年 2015 栽培面積 0.6ha
ALC 13.5% 収量 38hl/ha
生産本数 5300本 取得認証
土壌 粘土石灰土壌 
栽培 リュトレゾネ(減農薬農法)
醸造 一次発酵は開蓋タンクにて32℃以下で13―14日間行う。ピジャージュあり。マロラクティック発酵を行う。アルコール発酵後空気圧プレスマシーンで48時間沈殿時間を経て樽に移す。
熟成 樽熟成。収穫より16か月後に瓶詰。新樽の使用 50%。
味わい 透明度高く輝きのあるルビー色/フランボワーズ、黒チェリーのリキュール、ヴァニラ、スパイス/しっかりとした酸味と芳醇な果実味/しっかりだが柔らかいタンニン/固い味わいが有名なコルトンの中でも比較的柔らかな果実味を持つ
料理 ジビエ、ステーキ赤ワインソース、きのこや黒トリュフを使った料理
メモ コルトンの丘の麓。南向きの緩やか斜面を持つレ・コンブの畑のワイン。

CORTON BRESSANDES GRAND CRU
コルトン ブレサンド グラン クリュ

コルトン ブレサンド グラン クリュ
原産地呼称 AOC:CORTON BRESSANDES GRAND CRU
品種 ピノノワール100%
タイプ 植樹年 1593/1956
収穫年 2014 栽培面積 0.91ha
ALC 13.5% 収量 0.88hl/ha
生産本数 4,600本 取得認証
土壌 粘土石灰土壌
栽培 リュトレゾネ(減農薬農法)
醸造 一次発酵は開蓋タンクにて32℃以下で13-14日間行う。ピジャージュあり。マロラクティック発酵を行う。アルコール発酵後空気圧プレスマシーンで48時間沈殿時間を経て樽に移す。
熟成 樽熟成。収穫より16か月後に瓶詰。新樽の使用 50%
味わい ラズベリー、カシス、黒チェリーなどの赤黒い果実味豊か。/芳醇でリッチ、エレガントでふくよかなボディを特徴とするトロボーの代表的なGC
料理 野鳥、鴨肉などのグリル、きのこや黒トリュフを使った料理
メモ ブレサンドの畑はコルトンの中でも東向きの斜面中腹に位置する強い石灰土壌。

BEAUNE 1ER CRU “CLOS DU ROI”
ボーヌ プルミエ クリュ “クロ デュ ロワ”

ボーヌ プルミエ クリュ クロ デュ ロワ
原産地呼称 AOC:BEAUNE 1ER CRU
品種 ピノノワール100%
タイプ 植樹年 1978/87
収穫年 2014 栽培面積 1.09ha
ALC 13% 収量 45hl/ha
生産本数 7800本 取得認証
土壌 粘土石灰土壌
栽培 リュトレゾネ(減農薬農法)
醸造 一次発酵は開蓋タンクにて32℃以下で10-12日間行う。ピジャージュあり。マロラクティック発酵を行う。アルコール発酵後空気圧プレスマシーンで48時間沈殿時間を経て樽に移す。
熟成 樽熟成。収穫より16か月後に瓶詰。新樽の使用 25-30%
味わい 濃いルビー色/芳醇な黒い果実味/しっかりとした酸味/しなやかなタンニン
料理 野鳥、鴨などのグリル料理。きのこや黒トリュフを使った料理、牛肉の赤ワインソース
メモ クロ・デユ・ロワの畑は、ボーヌの北側に位置する褐色石灰土壌。南側よりも非常にフレッシュで凝縮感のあるワインを生み出す。

ALOXE CORTON 1ER CRU “LES VERCOTS”
アロース コルトン プルミエ クリュ “レ ヴェルコ”

アロース コルトン プルミエ クリュ レ ヴェルコ
原産地呼称 AOC:ALOXE CORTON 1ER CRU
品種 ピノノワール100%
タイプ 植樹年 2004-14
収穫年 2015 栽培面積 0.78ha
ALC 14.0% 収量 41hl/ha
生産本数 5300本 取得認証
土壌 粘土石灰土壌
栽培 リュトレゾネ(減農薬農法)
醸造 一次発酵は開蓋タンクにて32℃以下で12日間行う。ピジャージュあり。マロラクティック発酵を行う。アルコール発酵後空気圧プレスマシーンで48時間沈殿時間を経て樽に移す。
熟成 18か月の樽熟成。新樽の使用 40-50%
味わい 濃いルビー色/赤い果実の芳醇な香り、スパイシー/しっかりとした酸/力強い熟した滑らかなタンニン/古樹からの芳醇な果実味と深い味わいとしっかりとしたタンニンのバランスが素晴らしい
料理 ジビエ、野鳥料理、鴨肉のグリル
メモ アロース・コールトン プルミエ・クリュ ’レ・ヴェルコ’の畑は、コールトンの丘の中腹、南斜面の石灰土壌の畑。葡萄は半分が80年超の古樹。

ALOXE CORTON
アロース コルトン

アロース コルトン
原産地呼称 AOC:ALOXE-CORTON
品種 ピノノワール100%
タイプ 植樹年 1961-93
収穫年 2017 栽培面積 1.9ha
ALC 13.0% 収量 48hl/ha
生産本数 6,000本 取得認証
土壌 粘土石灰土壌
栽培 リュトレゾネ(減農薬農法)
醸造 一次発酵は開蓋タンクにて32℃以下で10-12日間行う。ピジャージュあり。マロラクティック発酵を行う。アルコール発酵後空気圧プレスマシーンで48時間沈殿時間を経て樽に移す。
熟成 16~18か月樽熟成。新樽の使用 30-35%
味わい 濃いルビー色/赤いチェリー、プラム、スミレ/しっかりとした酸/骨格のあるタンニン
料理 ジビエ、野鳥、鴨料理、牛の赤ワイン煮
メモ コルトンの丘の麓、アロース・コルトン村の周辺に位置する。

SAVIGNY CHAMP CHEVREY 1ER CRU MONOPOLE
サヴィニー シャン シュヴレ プルミエ クリュ モノポール

サヴィニー シャン シュヴレ プルミエ クリュ モノポール
原産地呼称 AOC:SAVIGNY-LES-BEAUNE 1ER CRU
品種 ピノノワール100%
タイプ 植樹年 1955
収穫年 2017 栽培面積 1.46ha
ALC 13.0% 収量 35hl/ha
生産本数 10000本 取得認証
土壌 粘土石灰土壌
栽培 リュトレゾネ(減農薬農法)
醸造 一次発酵は開蓋タンクにて32℃以下で13-14日間行う。ピジャージュあり。マロラクティック発酵を行う。アルコール発酵後空気圧プレスマシーンで48時間沈殿時間を経て樽に移す。
熟成 樽熟成。収穫より16か月の後瓶詰。新樽の使用 30-35%
味わい 赤い果実の優しい香り、/しっかりとした酸。ミネラル/滑らかだが骨格のあるタンニン/豊かな果実味と酸味、しっかりとしたタンニンのバランスが素晴らしい
料理 鴨肉のグリル、野鳥料理。キノコや黒トリュフを使った赤身の牛料理、エポワス
メモ コルトンの丘の麓、サヴィニー村の1級畑ラヴィエールの畑の下、ほぼ平らな場所に位置する。

SAVIGNY LES BEAUNE 1ER CRU LES LAVIERES
サヴィニー レ ボーヌ プルミエ クリュ “レ ラヴィエール”

サヴィニー レ ボーヌ プルミエ クリュ レ ラヴィエール
原産地呼称 AOC:SAVIGNY-LES-BEAUNE 1ER CRU
品種 ピノノワール100%
タイプ 平均樹齢
収穫年 2014 栽培面積
ALC 13% 収量
生産本数 取得認証
土壌 粘土石灰土壌
栽培 リュット・レゾネ(減農薬農法)
醸造 一次発酵は開蓋タンクにて32℃以下で10-12日間行う。ピジャージュあり。マロラクティック発酵を行う。アルコール発酵後空気圧プレスマシーンで48時間沈殿時間を経て樽に移す。
熟成 16~18か月の樽熟成。新樽の使用 30%
味わい 赤い果実の優しい香り。ヴァニラ、スパイス。/フレッシュな酸味、ミネラル/柔らかいタンニン
料理 鴨肉のグリル、黒トリュフやキノコを使った牛肉のソテー、焼き鳥、エポワス
メモ コルトンの丘の麓、サヴィニー村に属するほぼ平らな場所に位置する1級畑。

CHOREY LES BEAUNE
ショレイ レ ボーヌ

ショレイ レ ボーヌ
原産地呼称 AOC:CHOREY LES BEAUNE
品種 ピノ・ノワール100%
タイプ 植樹年 1956-98(平均樹齢25年)
収穫年 2015 栽培面積 6.6ha
ALC 13% 収量 47hl/ha
生産本数 40,000本 取得認証
土壌 粘土石灰土壌
栽培 リュット・レゾネ(減農薬農法)
醸造 一次発酵は開蓋タンクにて32℃以下で10-12日間行う。ピジャージュあり。マロラクティック発酵を行う。アルコール発酵後空気圧プレスマシーンで48時間沈殿時間を経て樽に移す。
熟成 樽熟成。収穫より16か月の後瓶詰。新樽の使用 20-30%
味わい 豊かな果実味、ミネラル感/しっかりとした酸味/フレッシュ&フルーティな飲みやすいブルゴーニュの赤
料理 いろいろな料理に合わせやすいワイン。牛・鶏の赤ワイン煮、鴨肉料理、ジビエ、黒トリュフやマッシュルームを使った料理など。
メモ

BOURGOGNE ROUGE
ブルゴーニュ ルージュ

ブルゴーニュ ルージュ
原産地呼称 AOC:BOURGOGNE
品種 ピノノワール100%
タイプ 植樹年 1963-84(平均樹齢45年)
収穫年 2017 栽培面積 3.5ha
ALC 13% 収量 47hl/ha
生産本数 28000本 取得認証
土壌 粘土石灰土壌
栽培 リュトレゾネ(減農薬農法)
醸造 一次発酵は開蓋タンクにて32℃以下で8-10日間行う。ピジャージュあり。マロラクティック発酵を行う。アルコール発酵後空気圧プレスマシーンで48時間沈殿時間を経て樽に移す。
熟成 樽熟成。収穫より16か月の後瓶詰。新樽の使用15%
味わい 明るいルビー色/小さい赤い実の果実の酸味/なめらかなタンニン/フレッシュ・フルーティな酸味豊かな飲みやすいブルゴーニュ赤
料理 鶏・牛肉の赤ワイン煮
メモ

BOURGOGNE BLANC
ブルゴーニュ ブラン

ブルゴーニュ ブラン
原産地呼称 AOC:BOURGOGNE
品種 シャルドネ100%
タイプ 植樹年 1956-2001(平均樹齢50年)
収穫年 2017 栽培面積 1.8ha
ALC 13.5% 収量 65hl/ha
生産本数 15000本 取得認証
土壌 粘土石灰土壌
栽培 リュトレゾネ(減農薬農法)
醸造 コンクリート槽による。
熟成 収穫より14ヶ月樽熟成の後瓶詰。新樽20%
味わい 銀色の輝きを持つ透明感の高い黄金色/カモミール、菩提樹、リンゴ、ミネラル、トーストの香り/生き生きとした酸。豊かな果実味。/古樹から造られる素晴らしいバランスの一品
料理 白身魚や鶏肉のソテー、クリームソース
メモ ショレ・レ・ボーヌ村内にある少量のシャルドネ畑。最も古い区画は樹齢60年を超える。