CHÂTEAU MEYRE
シャトー メール

当主
FAMILLE HETRAKUL
ヘトラクル家(タイ国系
地域
BORDEAUX
所在地
オー・メドック地区
AVENSAN村(アヴァンサン村)

概要

ボルドーの北30キロ、オー・メドックのムーリ村とマルゴー村の間、アヴァンサン村にある3世紀以上の歴史を持つシャトー。1652年ナヴェール地方のマーガレット女王に仕えていたフィロトン氏によりワイン造りが始まったとも言われています。現在は16haのクリュ・ブルジョア級のシャトー・メールと1haのマルゴーのガレンの、二つの銘柄を持っています。

歴史

1876年、シャトー・メールはアヴァンサン村の第一級のワインとして認識されます。その後1932年にはオーメドックのクリュ・ブルジョア級に格付けされました。1994年からはリュット・レゾネ減農薬農法を取り入れ、さらに2008年からビオ・ロジック農法に転換、2011年にはフランス有機認証ABを取得し、自然環境に留意した葡萄栽培を行っています。

醸造・熟成

発酵は30~32℃で温度管理したステンレス槽で3週間程度行い、丁寧に渋みを抽出してアッサンブラージュを行います。その後、木樽でマロラティック発酵させます。熟成には全てフランス国内の産地にこだわったオーク樽を使用、30%は新樽を使用しています。 ボルドーの有名なオノローグ・コンサルタントのボワスノー氏の指導の下、30年以上このシャトーでの経験を持つ醸造責任者のディディエ氏がシャトー・メールの安定したその味わいを守っています。

取り扱いワイン

CHÂTEAU MEYRE “OPTIMA”
シャトー メール ”オプティマ”

オプティマ
原産地呼称 AOC:HAUT-MEDOCCRUBOURGEOIS
品種 メルロー44%、カベルネソーヴイニヨン40%、プティヴェルド11%、カベルネフラン5%
タイプ 平均樹齢 35年
収穫年 2013 栽培面積 16ha
ALC 13% 収量 45hl/ha
生産本数 80000本 取得認証 有機認証AB
土壌 土壌はピレネー山脈の砂利質20%、粘土、石灰質20%、石灰質の下層土を有する砂・砂利質60%。
栽培 ビオ・ロジック
醸造 温度管理されたステンレス槽で、3週間の低温での醸し、醸造を行う。ヴァンダンジュは機械摘み、その後選果を丁寧に行う。その後温度管理されたステンレス槽で、30~32度にコントロールし3週間程度でアルコール発酵する。さらに木樽でマロラクティック発酵をさせる。
熟成 オーク樽で12か月熟成を経て瓶詰。新樽の使用 30%
味わい 暗めのガーネット/カシス、ブラックベリー、黒胡椒、ミントなどの香り/フルーティな果実味。柔らかな酸味。/滑らかなタンニン/カベルネソーヴィニヨンの味わいと優しいメルローがうまく調和している
料理 赤身肉のロースト、肉料理全般
メモ 2012ヴィンテージは、比較的柔らかで飲みやすいワインに仕上がっている。10~12年の熟成保存可能。