CHÂTEAU MALBAT
シャトー マルバ

当主
LA FAMILLE ROCHET
ロシェ ファミリー
地域
BORDEAUX
所在地
ENTRE DEUX MERS地区 LA RÉOLE村

概要

1865年以来、シャトー・マルバは6世代に渡りロシェ家によって継承されています。ボルドー市から南東へ約60kmにあるガロンヌ河に近いアントル ドゥ メール地区にあり、シャトー・マルバを筆頭に6つのシャトーを有し、広大な85haの葡萄畑を保有しています。この地は、ガロンヌ河からの朝方の霧による酸味の切れ味、日中の強い陽の光による完熟した果実味を生み出す地の利にも恵まれており、その環境を守ってゆくワイン造りを行うなど、さらなる次世代への継承を見据えた哲学を持って運営されています。

歴史

フィロキセラ禍がボルドーの地にも蔓延していた1865年、アルフォンス・ロシェ氏は、このシャトー・マルバを手に入れ、数々の困難にもかかわらず葡萄畑の開拓を行い、成功を納めました。その後、代々継承され現在は6代目。姉ファヴィエンヌが葡萄畑を、弟のダニエルがワイン造りを、そしてダニエルの妻マルティンヌが全体を企画統括し、兄弟の母親・いとこなども含め、一族全員で協力しながら、古典的なワインから新感覚のものまで、バラエティ豊かな多くのワインを生み出しています。

ブルゴーニュ型の瓶に詰まったユニークなワイン”セラヴィ!”

当シャトーの最新のワイン ’セ・ラ・ヴィ!’。6代目家族全員で、祖父の生き様と古き良き時代を称える気持ちを込めて、このワインを生み出しました。”C’est la vie”とは、”それが人生”という意味合いの、良いときには”人生って素敵だね!”、悪いときには”そんな時もあるさ”というような含みを持つ、フランスの人達がよく使う言い回しです。祖父マルセルの口癖でもありました。エチケットには、愛らしいフランスのかつての国民車、シトロエンの「ドゥ シュヴォー」が描かれていますが、第二次世界大戦後、フランス人の多くは、このドゥ シュヴォーに乗って旅をし、人生の道を切り開いてきました。祖父マルセルもこの車を愛用し、毎日葡萄畑に向かい、明るく豊かな人生を築き上げて来たのです。メルロー100%のエレガントでフレーバリーなワインを、ブルゴーニュ型のなで肩ボトルに詰め、ボルドーらしくないキュートなエティケットを採用した、この”C’est la vie!”は、ファミリーの新たな挑戦でもあります。素直な果実味、豊富でなめらかなタンニン、フレッシュな酸味と、飲み進むにつれ次々と現れる複雑な要素を楽しめる旨味のあるボルドー・ルージュ。2017年にはパリのコンクールで金賞を受賞しています。

取り扱いワイン

C’EST LA VIE!
セ ラ ヴィ

セ ラ ヴィ
原産地呼称 AOC:BORDEAUX
品種 メルロー100%
タイプ 平均樹齢 20年
収穫年 2016 栽培面積 1ha
ALC 13.5% 収量 55hl/ha
生産本数 6,000本 取得認証
土壌 粘土石灰質
栽培 1haの畑に4000株植樹。リュットリゾネ
醸造 破砕・除梗後、果皮浸漬を3日間、自然酵母で20~24℃で30日間発酵。ルモンタージュ有、マロラクティック発酵20日間。ろ過して瓶詰。
熟成
味わい 濃い色合いのルビー色/黒い果実ブルーベリー、カシス、チェリーのジャム、杉など複雑な香り/豊かな果実味と調和のとれたフレッシュな酸/滑らかで心地よいタンニン/チョコレートやキャラメルのニュアンス
料理 肉や野菜の前菜、鴨や鶏肉料理、パスタ、ピッツア
メモ