CHÂTEAU CLINET
シャトー クリネ

当主
JEAN LOUIS LABORDE
ジャン ルイ ラボルド
地域
BORDEAUX
ボルドー
所在地
POMEROL
ポムロール

概要

シャトー・クリネはポムロールを代表する名門シャトーのひとつです。8.6haの畑を有し、メルロー90%、カベルネ・ソーヴィニヨン9%、フラン1%を栽培しています。セカンドワインは、フルール・ドゥ・クリネです。オノローグは著名はコンサルタントのミシェル・ローラン。
年頃より当主の若き子息のロナン氏が醸造ディレクターとして参加し、多くの人が気軽に飲むことのできるワインを造りたいとの思いから、2009年よりこの新感覚のシリーズ「ロナン・バイ・クリネ」を立ち上げました。

歴史

シャトー・クリネは、19世紀には既に確固とした名声を得ていました。一時はシャトー・ペトリュスのオーナーであったアルノー家が保有していた時代もあります。1980年初頭には醸造家のジャン・ミシェル・アルコートにより、既成の概念を打ち破る遅摘み法が確立され、またカベルネの比率を下げることにより味わいは劇的な進化を遂げ、最高の評価を受けることとなりました。1999 年以降に現オーナーのラボルド家の所有となり、さらなる品質向上の時代を迎えています。

取り扱いワイン

RONAN BY CLINET BLANC
ロナン バイ クリネ ブラン

ロナン バイ クリネ ブラン
原産地呼称 AOC :BORDEAUX
品種 ソーヴィニヨンブラン95%、セミヨン5%
タイプ 平均樹齢 30年
収穫年 2017 栽培面積
ALC 12.5% 収量
生産本数 50,000本 取得認証
土壌 ジロンド川周辺の標高145mの粘土石灰土壌の畑
栽培 リュット・レゾネ (減農薬農法)
醸造 16~18度にコントロールされたステンレス槽で、アルコール発酵、スキンコンタクトによるマセラシオン。
熟成 グラバースファー槽で5~6か月熟成。最初の3か月間はバトナージュをしながらシュールリーを行う。
味わい 淡いレモンイエロー/ライムなどの柑橘系の香り、ハーブ、ほのかなスパイスの香り/きりっとした酸味と優しい果実味/ボルドーのソーヴィニヨンらしい豊かな酸と果実味の白ワイン
料理 魚介のマリネ、アペリティフ、パスタ、魚や鶏肉のグリル、軽いホワイトソース。焼き魚などの和食。
メモ

RONAN BY CLINET ROUGE
ロナン バイ クリネ ルージュ

ロナン バイ クリネ ルージュ
原産地呼称 AOC :BORDEAUX
品種 メルロー100%
タイプ 平均樹齢 35年
収穫年 2013 栽培面積
ALC 13% 収量
生産本数 360,000本 取得認証
土壌 ボルドー右岸の各生産地のメルローをシャトー・クリネのスタッフが厳選して使用
栽培 td>
醸造 低温でのマセラシオンを3~4日、28度までにコント―ロールされたステンレス槽を使い3~4週間で発酵。
熟成 ステンレス槽で12か月間の熟成。熱処理したオーク樽の板を3~4か月間タンクに入れる。
味わい 輝きつやのある濃いルビー色/黒チェリー、フランボワーズ、カシスなどの豊かなアロマ。ほのかな黒コショーの香り。/フレッシュ、フルーティーな果実味と酸味。エレガントで凝縮した口当たり。/まろやかなタンニン/芳醇な味わいの楽しくバランスの良いメルロー。
料理 肉料理全般、すき焼きなどの和食、カジュアルなランチやパーティなどのシーンに。
メモ