SCEA LAVAU ET FILS
ラヴォー エ フィス

当主
LAVAU PIERRICK
ラヴォー ピエリ
地域
ボルドー サンテミリオン
所在地
SAINT-ETIENNE DE LISSE村

概要

ラヴォ―家はサンテミリオンの東、サンテ・エチエンヌ・ド・リス村に代々続く葡萄栽培農家。総栽培面積20.5ヘクタール。その地葡萄から造られるChateau Bernateau と、リブルヌ市に位置するChateau Tour Peyronneau の二つのサンテミリオン・グランクリュのワインを造っています。

歴史

ラヴォー家の創業は1750年、8世代前に遡ります。現当主ピエリ氏は、ボルドー大学卒業後シュヴァルブランで醸造技術を研鑽、彼は自然と共存できる葡萄栽培の必要性を感じ、研究機関(PIVERT)のメンバーとなります。物理学、生物学、農学、土壌科学などのブドウ栽培にかかわる生態系を熱心に勉強し、2012年にはAB認証(仏オルガニック認証)を得ています。また、2014年にはシャトーとラヴォー氏が、米倉涼子さんの特別番組「フランス美食の旅」に登場しています。

取り扱いワイン

CHÂTEAU BERNATEAU
シャトー ベルナトー

原産地呼称 AOC: SAINT-EMILION GRAND CRU
品種 メルロー70%、カベルネフラン30%
タイプ 平均樹齢 45年
収穫年 2015 栽培面積 7.5ha
ALC 14.5% 収量 35hl/ha
生産本数 25,000本 取得認証 仏オルガニックAB認証
土壌 粘土及び石灰岩
栽培 2008年よりビオへの転換を行いました。サンテミリオンの伝統的な手作業による栽培を志向、素晴らしいワイン造りのためのより良いぶどう造りを目指しています。
醸造 破砕除梗し、低温で26~35日間マセラシオンを行う。発酵槽はセメントタンクとステンレスタンクを使い分ける。発酵は22~28℃の間で10日間行う。マロラクティック発酵は21日間オーク樽で行う。櫂入れはルモンタージュとデレスタージュを併用1日2~4回10日間行っている。
熟成 24ヶ月間熟成。ろ過は行わない。新樽の使用 50%
味わい 黒みがかったガーネット/赤と黒のベリー系の果実/厚みのある果実味と酸のバランスが良い/きめ細かい/果実味豊富で力強いが、味わいはエレガントでマイルド
料理 赤身系の肉。特にソースのかかった肉料理、ジビエ料理と相性が良い。
メモ

CHATEAU TOUR PEYRONNEAU
シャトー トゥール ペイロノー

原産地呼称 AOC: SAINT-EMILION GRAND CRU
品種 メルロー100%
タイプ 平均樹齢 35年
収穫年 2015 栽培面積 12.5ha
ALC 14% 収量 45hl/ha
生産本数 63,000本 取得認証 フランスオルガニックAB認証
土壌 粘土質、砂利質、シレックスに砂利
栽培 2008年よりビオへの転換を行いました。サンテミリオンの伝統的な手作業による栽培を志向、素晴らしいワイン造りのためのより良いぶどう造りを目指しています。
醸造 破砕除梗を行う。低温マセラシオンを26~31日間行い、その後22~28℃の温度帯で10日間ほど天然酵母で発行を行う。発酵槽にはステンレスタンク、セメントタンクを用いる。櫂入れはルモンタージュとディレスタージュを1日2~4回10日間行う。マロラクティック発酵は21日間。
熟成 オーク樽で22ヶ月間熟成。無ろ過。新樽の使用 30%
味わい 黒みがったガーネット/黒のベリー系の果実、古典的な香り、バニラのニユアンス/厚みのある果実味と酸が調和しており、飲み心地はスムーズ/きめ細かい/果実味豊富な香り高いエレガントな味わい
料理 ロースト、煮込んだ肉料理全般。チーズにも。
メモ