CHÂTEAU BELLEGRAVE
シャトー ベルグラーヴ

当主
Ludovic et Julien MEFFRE
ルドヴィック エ ジュリアン ムッフル
地域
BORDEAUX
所在地
オー・メドック地区
ポイヤック村

概要

シャトー ベルグラーヴはポイヤック村の南、シャトー ラ・トゥール、ピション・ロングヴィル、ランシュ・バージュに隣接しています。

歴史

1954年ムッフル家の祖父ガブリエル氏は、故郷のローヌ・ヴォークルーズの地にある葡萄畑を売り、ボルドーの地に移住、オーメドックの地に葡萄畑を購入。その後息子のジャン・ポールがこのシャトー ベルグラーヴを購入しました。現在は孫にあたるルドヴィックとジュリアンがこの新しいシャトーの経営にあたっています。

その他情報

メドック格付け5級サンローラン村のBelgraveとは綴り違いです。他に同綴りのポムロール、メドックの同名別ワインがあります。

取り扱いワイン

CHÂTEAU BELLEGRAVE
シャトー ベルグラーヴ

シャトー ベルグラーヴ
原産地呼称 AOC:PAUILLAC
品種 カベルネソーヴィニヨン65% メルロー33%、カベルネフラン2%
タイプ 平均樹齢 25年
収穫年 2015 栽培面積 8.35ha
ALC 13.5% 収量
生産本数 22000本 取得認証
土壌 このシャトーの名前 「美しい砂・小石」の名の通り、水はけの良い暑さにも強いカベルネの生育に最も適した土壌です。リュット・レゾネ(減農薬農法)で小区画ごとに手作業で管理・栽培作業を行っています。
栽培 リュット・レゾネ(減農薬農法)。小区画ごとに手作業で畑を管理・栽培している。
醸造 温度管理されたステンレス槽で、3週間の低温での醸し、醸造を行う。
熟成 12か月の樽熟成 ろ過して瓶詰。新樽の使用 45%
味わい 輝き艶のある黒みがかったガーネット/黒い熟した果実の香り、杉、コーヒー/まろやかだがフレッシュな酸味と豊かな果実味/しっかりだが何らかなタンニン
料理 牛肉のグリル、ドゥミグラス・ソース
メモ セカンドワインは、’ Les Sieurs de Bellegrave ‘